【ff14】 3.5&3.56メインストーリー感想(ネタバレあり)

ローレンティス取り返しのつかないライン越えてしまったな―。果たして彼は許されるのか許されないのか。
ユユハセはユユとハセにして構わないという結論になった。

改めて見ると「どうにかならないの、パパリモ!」っていうイダの台詞からあの展開辛みある。

最後のパパリモで残るか行くかのところ、結構好みが別れてて面白いな。

オメガ使用に関する選択肢、ポジティブなのしかなかったけど中の人的には嫌な予感しかしないからできればやりたくないんだが( ´_ゝ`)
クリタワシリーズ終わっても全然ネロさん信用できるとは思えん。
んで大怪獣決戦見て、うわー、あれ倒すのー?ってなっててメンタルが既に隠居。

えー、パパリモこれで退場?
生死不明だと盛り上がるタイミングもなくあっけないな。
イダはパパリモとのコンビだから面白かったとか、いや知らんけど、大丈夫か?
実は生きてる?

イダ姉妹の話は割と予想しやすかったと思うな。
私が気づいたのはイダに妹がいるって話を聞いてからサブキャラで3.4のストーリーをやり直してた時だった。
その前提で見ると結構あからさま。
ここに書こうかと思ったんだけどいつもの宝くじ当てるみたいな予想と違ってネタバレ級に楽しみ損ないそうだったから自重した。
スポンサーサイト

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonsense drifter

Author:nonsense drifter
IT屋の端くれ。FF14はver1.0オープンβから。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR