鉄血のオルフェンズ

最終回前に書いたやつと前半変わってないけど一応ネタバレということで。
面白かった。
絵柄は全く好みじゃないのにここまで楽しめるとは。
話し合えば解決するっていう非現実的なお花畑思想とか、最初戦争だったはずなのにいつの間にか都合のいい悪役がいて倒してめでたしめでたしとか、自分が見たガンダムはそんなんばっかだったから、
戦わないと生きていけない子供たちがいる、解決するには地道に教育支援と労働環境の改善が必要、っていうなんかそれっぽい設定をベースに話が展開されたってのはかなり評価高い。
1期のクーデリアが発言一つで戦闘を止めたのに三日月が驚いてたみたいなシーンも良かった。

戦いに身を置くということは自分や仲間に犠牲が出る悲しい事であるっていうのは日本で戦争を扱うのストーリーのメッセージとしては満額回答だと思うんだけど、まあ2期の一般ウケは悪そうだなw
FF14のイルベルド関連の感想聞いてても思ったけど勧善懲悪のわかりやすいストーリー求めてる人が多いんだねーやっぱ。
1期が落としどころとしては丁度良かったのかもしれんなー。個人的にはちょっと物足りなかったけど。
広く人気があって、基本子供が対象で、でもテーマは戦争っていう、相反する特徴を持ったガンダムというブランドの難しさを感じたわ。
戦争で幸せになってはいけないからな。
仕事も生活も安定してきたのに火星の王とか何でそんな事言い出すんだろうって思ってたけど、みんな住み込みだし命の危険がある仕事をしながらも家も借りれなければ妻子もまともに養えないような収入だったのかもなぁ。それじゃ止まれないか。
望む展開だと「こまけーことはいいんだよ」ってなるけど、気に食わない展開だとあーだこーだ色んなところにケチつけてだからダメなんだ俺は正しいと主張しようと必死なやつがいっぱい沸いて出るから、ハッピーエンドに比べるとバッドエンドは作者に要求される力量が遥かに高いんだな。

マクギリスファリド事件の名称はわろたw
歴史の転換点にはなったけど、そこに成したことは無しか。厳しいな―。
ライドは裏世界に残っちゃったかー(´・ω・`)あれで表に来るわけじゃないだろうしなぁ…。
クーデリアはそろそろいい人が現れてもおかしくないと思う。
個人的には大満足でした。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ    ジャンル : アニメ・コミック   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonsense drifter

Author:nonsense drifter
IT屋の端くれ。FF14はver1.0オープンβから。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR