FC2ブログ

【ff14】 エデン覚醒編雑感(ネタバレあり)

エデンはFF8の何かが他にも色々出てくるんじゃないかっていう期待と、蛮神ともう一度戦えって言われたことのがっかり感との落差が酷かったんだよな。
過去蛮神そのままではなかったけど、後4属性やるのかと思うと楽しみよりもなんかめんどくさって思うあたり、別世界の蛮神っていうコンセプト自体が失敗だったと思うわ。
落ち目になってまともに開発コストも取れなくなってきたときに採用するアイデアであって今やるものではなかったかな。

ファンフェスにギリギリ間に合ったとか言ってたノムテツのアートのモデル起こしが5.0に間に合わないのはちょっとでも事情が分かる人には自明だったよね。5.0の実装締めがあの時期だったんだから。
スポンサーサイト



テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 5.0x終盤雑感

廃止されたベテランリワードの後継として1回しか実施されなかった連続ログインキャンペーンに続く施策がモグコレだったのか、前回は気づかなかったわ。
今回はレベリングついでにできるし、緩和されたし、1回は長いけど周回数を減らす選択肢もあるしで耳取ってみたけどゲテモノ系イヤリングはやっぱ使わんよなぁ…。

未強化詩学でx9IDにCFで行ってもいいと公式からお墨付きが出たぞ!!!
どっちかっていうとアラルレの話だけど、各種ルレでもらえる経験値をレベル比例じゃなくて申請時のIL比例にしたらちょっとスッキリしそうだなと思った。

メンターおよびメンタールレを回せる条件の見直しか。メンタールレの即抜けや素行不良はどういった人に多いかの分析とかちゃんとやって決めたのかね?それとも適当だろうか?

エウレカ系できればx.15から開始した方がいいと思うんだけど、もう少しこなれてきて定食化したらできるようになるのかね。
ストーリーが好きそうなライトちゃん層御用達コンテンツにもなってるからエンドは避けるにしてもコンテンツ自体のストーリーなくなったらそれはそれで手抜きだのなんだの言われそうだな…。

リテイナーせっかく種族性格衣装色々選べるのに第一世界だと何も見れないのがな。
セリフに関しては派遣中でも気兼ねなく呼び出せるところはいいが、装備変更とかセリフなしで画面一発で出てるところがうざくなってたりと一長一短。

サンクレッドのQIB長くてくっそだるかったよな。
ロールバトルのデフォのキーバインドが移動のキーと指がかぶってて操作しにくくて最悪なんだよ。配置変えられないし。
ってか配置変えたいとかもう自分のガンブレのホットバーでやらせろとか思わせるようなバトルをロールバトルでやってる時点でダメなんだろうけど、どっちかやらせろ。

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 フェイス雑感

フェイス、とにかく火力が低い、ギミックの時に手が止まる、どれだけ数がいても単体攻撃する、複数のAoEが同時にくると避けられない、っていう普段愚痴られてるような野良地雷要素てんこもりでわろた。
そして初見ギミックをネタバレしてくる感がすごいw
マリカあたりでふと我に返って暁のメンバーが14の意味不明なギミックに合わせて動いてるのがすごくシュールに見えたわ。
アイテム総取りが美味いよなー。頑張って育成する価値があるというもの。
ジャンポ+制限解除ソロという逃げ道もあるし、次の一手は討伐戦をフェイス対応して次シリーズのメインクエを完ソロできるようにするところからだよなやっぱ。
FF11の頃から切望されてた機能だよ。売上も結構跳ねそう。

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 第55回PLL雑感

吉田、自分の部屋の隣に専用会議室ある部屋に移ったのかな。

人(2P)が映ると、あ、14のモデルだ(がっかり)ってなるな。
他のゲームと比べるともうだいぶしょぼくなってる。

飛行ユニット変形実装しちゃったのwww

青魔道士ログの超える力オフの方は初動逃すと野良募集がなくなりそうだな…、うえー。

蛮神モチーフの家具は毎回あるやん。何が問題なのか。
極の初見殺しであったであろう、棘ギミックの返しがバラされてしまったw
トークン2個でるほど戦闘時間長いのにループないのかw

占星は「非常に変更の大きい」枠に入れなかった時点でアウトっていう反応だよな最初のw
ヒラのバランスは以前からコンテンツ次第過ぎてどうなったかわからなかったけど零4やってないとマジで何もかもわからねーわ。
まああれ、ヒラの焦点は既に次の拡張で漆黒のタンクみたいに根本修正できるかどうかに移ったかな。
5.x中はバランスを取ろうと四苦八苦する開発とそれに振り回されるプレイヤーの不平不満阿鼻叫喚をお楽しみくださいって感じ。
思えば蒼天の時から、どこかの誰かが考えたさいきょうのスキルみたいなぶっ壊れ追加したりと開発正気かと思った記憶があるし、ヒーラーに関しては開発者として必要な視点が全然なさそうだよな。
じゃあプレイヤーとしての視点があるかと言われると、マイナーの仕様変更でさらにパッドが厳しくなるらしいし、うーん、何ができるんだこの開発……。

だましのピーキーなバースト合わせがだいぶマイルドに。
DPS上昇率にどれだけ差があるのかがわからなくて黒モ相対nerfって事以外何もわからねぇな。
キャスターの蘇生はガチ固定だと着替え前提になることを大半が許容してなおかつ野良零式でハブりがあまり起きなければ今のままでどうにかなるかもしれないので黒ちょっと下げて様子見で合ってはいるんだけど、落ち着くところあるか?これ。
キャスターは全体的にそもそも練る時間が全然足りてなかったんじゃないかと。途中で全部ひっくり返したのか、取り掛かるのが遅かったのか。
黒ですらアクション数多いのになんでこれ置き換えアクションじゃないんだ?っていうのあったぞ。私は実質エアプなんでちゃんとした理由があるかもしれないけど。
新ジョブ追加したロールは比較的出来がいい方なのでメレーも同じ状態だったのかな。ヒーラーは元からそういう次元の問題ではないが。

クラフターのマクロ使うようになったのいつからだったかな…。
最初は手入力でステの低さを補ってたんだけど、だんだんCPや効果時間がカツッカツに詰められた芸術的なスキル回しになってきてアドリブ入れる余裕がなくなった上に押し間違いによるミスが増えてきたからマクロにした気がするな。

あれ、リユースなくなるのか。ステ詰めれば詰めるほど効率上がる感じでいいと思ったんだけどな。

イシュガルド復興、ランキングもねえくじもねえとかわろた。
結局5.1では収集品に町人地的なストーリーがくっついたやつにクラフターFATEが来ただけかよ。

つよニュー、周りのNPCの台詞も戻るのいいね。
本来いけない場所がどうなってるか見に行くのも楽しみだな^^

ピクシーのインスタンス、最終段階だけ別インスタンスで周りの人が見えてるんやろ?無理やろそれ以上は……。

諌められたにも関わらずデバコマを堂々と読み上げていくどころかデバコマの説明まで始めるスタイル。
画面切り替え時にワイプが一瞬消えたりしてるからデバコマ見えるかと思ったらめっちゃデバッグログ吐かれてて流れてたし24人レイドのセリフも映ってた。

吉田珍しい格好してるなと思ったら、前を閉めてるのが珍しかったんだな、Tシャツ仕込んでたのか。

ジャイアントビーバー、ビーバー達は楽しそうだからそれでいいじゃないかと思ってたんだけど、ちぎれたピクシーの羽根って、えっ?食べ………えっ……?

オケコンサントラの仕様確認しようとしたらポータルからもe-storeからもリンクないんだけど売る気あんのか。

攻略本は今後もうスキルローテ入れられないだろうな。

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 5.0メインストーリー感想その2(ネタバレあり)

巷で騒がれてるほどにはエメトセルクにはまってないのは、仮に自分がエメトセルクの立場だったとしても割と平気だと思ってるからだろうなぁ。実際に平気かどうかは置いといて。
なんだかんだで好きにやってるでしょあいつ。
アーモロートを罪喰い化したヒカセンのために用意したとは考えにくいので、実は意識のあるヒカセンのために作ったんじゃないかと思ってちょっとテンション上がってたんだけど、ヒカセンはヒカセンでも全ての大罪喰いの光のエーテルを吸収しても平気だったヒカセンのために用意したと気づいてしまってなんか妙にがっかりした。

ヒカセンを味方として勧誘するかどうかのボーダーラインがなぜそこだったかというと、そこからまともに戦ったら自分の方が負けるリスクがあったからじゃないかと。
勧誘したところでヒカセンが味方につく可能性は正直低そうだし、目的の達成を考えるならヒカセンが罪喰い化しそうになった時に単純に喜んで良かったと思うけど、苛立ちや失望が声に出ていたのは本人が言ってた通りいい加減同士が欲しかったのか?
仲間に勧誘する正当な言い訳が立てられない状態で使命よりも私情を優先するなんて、とてもできないといったところか。
まあどうせハイデリンは転生するたびにヒカセンに頼ってただろうし、エメトセルクが「あの魂の持ち主」と対面したのもきっとこれが初めてではないだろう。

そんなヒカセンはあの場でアルバートの魂と融合して多分条件を満たしたわけだけれども、意図してなかったにせよ伝えるべき内容は(伝えてはいけない事まで)ヒカセンに伝わっていてその上でヒカセンは対立することを選んだんだよな。
もし最初から条件を満たしていてエメトセルクが真面目に勧誘していたら、より同情を引きそうな言葉や演出をしてただろうけどそれでひっくり返るとも思えないし、戦いは不可避。
どう転んでも望む結末になるように筋書きを立てて水晶公という不確定要素には常に注意を払いしっかり排除したエメトセルクの用意周到さを考えると、ヒカセンが自分を倒し得る力を手に入れた事にもし気付いていたら、あの場で単独で正面切って戦おうとはしなかったかもな。
あの場あの瞬間で強くなったことはさすがに想定外で、だから倒せたというわけだ。

「違うと言うなら、証明してみろ。」とか何かにつけて偉そうだけど、お前ゾディアークかハイデリンかは過去に一度全面戦争して決着ついたんじゃん?

そして最期ヒカセンがうなずいた後のあの表情よ。
あれ何を思ってたんだろうなぁ。今以上の情報はもう出てこないかもしれないんだよなぁ。人が死ぬとはそういう事かっ。

「私達は確かに生きていたんだ」の「私達」にヒカセンも含まれてるのかな?って思うわけだけど、英語版だともっとわかりやすいみたいだな。"Remember us."の"Remember"に「覚えていろ」と「思い出せ」がかかってるらしい。

ヒカセンはエメトセルクの「家族、友、恋人」のどれだったのか?
ヒュトロダエウスが友として出てきたから家族か恋人?
恋人……でもヒュトロダエウスのセリフが彼か彼女かが性別によって変わるし違うか。昨今のLGBTに対する流れを考えるとひょっとしたら……いや、ないか。
家族……エメトセルクがふたご座なので双子の兄弟説……?
とか思ってたけどよく考えたら友が一人とは限らないし普通に友達だよな……。プレイヤーのアバター性を考えるとそれ以上踏み込みづらい。
エメトセルクいかにも友達が少なそうだからつい……。

交じって生きて判じてきたと言ってたけど、この14に分かたれた世界は在りし日の大切な人が選んだ道だからなんとか理解できないか、これで良かったんだと納得できないかと機会があるたびに考えてたんだろうな。
そしていつも結論は否だったと。

強大なゾディアークを残しておくべきではないというのがハイデリン派の考えなら、ゾディアークがいなくても創造魔法が暴発しないように対策する必要があるので次元分割までが目的だったと考えらえる。
人類が創造魔法を使えなくしたわけだ。
後こっちはフレが気づいたんだけど、今でこそなりそこないの人類で古代の記憶も何もない遥か子孫たちを再びくっつけたやつを生贄に捧げてゾディアークの召喚に使った人たちを取り戻せばいいみたいな話になってるけど、次元分割前って一体どういう計画だったんだ?
アーモロート人が宇宙人みたいな見てくれだったから、なんとなく星の創成期から再び始まって古代人とは違う人類が生まれたのかと思ってたけど、gamescosの話によると本当の古代人は今の人類と変わらない見た目でただの巨人だったっぽいし、生き残った古代人が次元分割されて今の人類の祖先になったっぽい。
という事は生贄に捧げる目的で子供を生んでor作って育てるみたいな話だったのではないだろうか?結構えぐい。
そもそも古代人は永遠の寿命を持ってたって話で、子供を作ったら無限に増えていきそうだけど、どうしていたのだろうか。
社会を維持するために出産制限がかかっていて誰かが事故で死なない限り権利が回ってこないみたいな話になってたかも。

世界の危機にみんなで立ち向かおうっていうあのタイミングで十四委員会を抜けたってかなり空気読めてないけど何があった?
ヒカセンかハイデリンじゃないかと思うんだけど。

残る謎は古代文明を滅ぼすきっかけとなった災厄が自然現象だったのか人為的なものだったのかだな。どっちでもいけそうだけど。
人為的なものだったとしたらエリディブスと会話してそうなあたりゾディアークのコアになってる人格みたいなのがありそうな感じだし、そいつが神になりたくて災厄引き起こした極悪人でエリディブスが共犯みたいなパターンも。
まあラスボスはゼノスのような気もするが。あいつ全力のヒカセンと戦えるなら世界も滅ぼそうとしかねない感じ。
名前だけ出てたやつがラスボスになるよりはゼノスにしたほうが話作りやすいって思ったからゼノス生き返らせたのかねぇ。

善き人々って言ってるけど、同じローブ着せて仮面つけさせてるあたり善良であることを強いられたディストピア感すごいんだよなぁ。
そうしないと争いの火種になるって言ってるあたり人自体は現代人と大差なさそう。
永遠の命と創造魔法による何不自由ない生活とガッチガッチの社会規則があってこそ生まれる善良性なのではないかと。
次元を再統合してそれらを復活させないと得られない事には違いないがな。
実社会もこのまま成熟していったら何百年何千年後ぐらいには似たような感じになったりしうるのかねぇ…。

力も知能も魂も薄くなってるって言ってたけど時間と次元の跳躍技術を編み出した事を考えると知能は別に下がってなさそうだよなぁ。
次元分割のタイミングで文明が原始時代まで後退したのは間違いないけど。
世代交代で知識の蓄積効率がめちゃくちゃ悪くなってそうでもある。

アシエンとまともに和解しようと思ったらどうなるだろうってエンディング後に一旦考えてたんだけど、まず霊災を伴わない世界統合が必要で、これはもしかしたらハイデリンに話をつければなんとかなるかもしれんしならないかもしれん。
次に統合する世界を決めたら寿命を全うするまで鏡像世界で暮らすか、1/14のまま原初世界に来れて寿命とかで死んだら融合ってできるともっと楽なんだけど、何にしろ反対する人たちも出てくるだろうしカオス。
そして統合しきったらゾディアークに捧げる命の用意は植物とかのエーテルとかでもなんとかならないのかな、ってその時は思ってたんだけど、そんな甘仮定でもアシエン側に譲歩する理由も意思もないだろうしだいぶ無理ゲーじゃね?って感じだったんだけど、その後の考察を踏まえると生贄は人類じゃないとダメそうだし全世界統合して創造魔法が再び使えるようになってもダメそうだしでやっぱ無理だわ詰んでるわアシエンとゾディアーク殺すしかないわそうしよう。
ゾディアーク還したら召喚に使われた人たちも全部星に還って新しい生命として循環始めるんでしょ?めでたしめでたし。

そういえば魂が結構謎なんだよな。
ヒカセンの転生はアシエンの不滅性が不完全に発現したとかで特別なのか、それとも全ての魂は転生してるのか?
イルメグでアルフィノは普通死んだら魂も霧散するって言ってたし、gamescomの織田さんのセッションでは第七霊災で原初世界の全生命が魂融合したって言ってたし、どっちなんだ。
そしてヒカセンは罪喰い化で魂が壊れかけてたわけだけど、一旦壊れるともう転生も出来ないところだったのだろうか?

旧版の世界設定でどこまで決まってたのかみんな気にしてたけど、paxか何かの話を見るに終末の災厄自体が漆黒のプロット始めた時には決まってなかったようだな。
プラエでラハブレアが人の子とか言ってるし新生の頃はアシエンが元々人だったなんて設定なかったかも。
アシエンという霊災を起こそうする存在、いくつもの古代の超文明、妖魔がいるヴォイドっていう色んな話を作るのに便利な土台に深みを持たせる裏設定が決められてただけで、その設定自体をそんなに語る予定はなかったんじゃないかと。
しかし星暦と霊災って言葉もあるし光が霊で闇が星ってのは無理があるわ。

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 5.0メインストーリー感想その1(ネタバレあり)

今まで遊んだオフゲのFF全部越えて漆黒のヴィランズが一番シナリオが良かったFFになった。
辛さへの共感を使いつつもニーアと違って清らかで王道。まさにFF向け。
ビジネスのこと考えるといつまでも続きものの話はやめて3回(6年)ぐらい置きに新シリーズでそこから事前知識なく初められるようにしたほうが絶対いいと思うし、次でハイデリンゾディアーク編が最後だって言ってるってことは本当にそれ検討してるかもしれないけど、今までのストーリーの分の重みでぶん殴ってくるこんなもの見せられたらすごくもったいなくなってくるな。
好きな人との別れと自己犠牲が合わさった話に一番弱くて、何本かクリティカルに刺さってきた。
エピソードを引き立たせるために序盤から丁寧に駒を動かしてて今回見違えたんだけど一体どうした?と思ったら通しで一人でプロットしてたのか、なるほど。

感情移入が極まってきてNPCと自由文で受け答えしたいと思うことが増えたわ。
さすがに今の技術水準じゃきついってか画像処理に対するディープラーニング並みの新たなイノベーションが必要だよなぁ…それ実現するには。

全部書くと長いのでエメトセルクと古代人関連は別エントリーに。


水晶公、口元がどうみてもオスッテなんだよなぁとは思ったんだけど、本人がはっきり否定するし第一世界の人たちの事を身内のように話すから一瞬本当に違うのかな?と思ったけど、きっかけはとある人を助けたかったって言うから、グラハだとしたら心当たり特にないしヒカセンの線を考え始めるやん?
100年近くも第一世界にいたんだから現地人に情が移るのも普通か。ってかヒカセン助けるために100年近くも街を作りながら準備してたって途方もなくない?って想像して早くも泣き始める。

その話の時に「命にかえても」とか言い始めるんだけど、
1周目:いや、命はかけないで欲しいかな……
2周目:お前秘密の作戦の肝心な部分こんなところでネタバレするなよヒカセンに勘づかれたらどうする気だよwww
2周目が結構心に刺さってくる。他のところも特に変なところなかったし何回か通しで見直したんだろうな。オフゲのFFでも2周目違和感出ることあるからな。

調子が悪いヒカセンを心配して部屋をたずねてきた水晶公がなんて言ったらいいのかわからなかったんだけど、フレにあざといって言われて、男にあざといを使う発想がなかったわ、もうあざとい以外に形容のしようがないわあざとい実にあざとい。
そしてコルシア後半の水晶公ヒカセン好きすぎやろってのと、QIBでクリタワの曲がかかって大草原。もう隠す気ねーwww
元からいわゆる英雄に憧れがあった上で、第八霊災中に目覚めて時空を超えて来るまでに出会った人々と、光の反乱後の第一世界に飛んできてそこで出会った人々と、どちらもかなり苦しい状況でその人たちの唯一の救いと希望が全部ヒカセンに繋がるわけでそりゃ好きすぎにもなるよな。
ただイノセンス後のシーンはほんと、バレバレなんだよこの馬鹿っ!!(号泣しながら)

クリタワやってた時はいい話だなーって思った程度でグラハに大して思い入れもなかったんだけど、漆黒クリア後は星見の間でフード取ったグラハにいつでも会えてミニオンの話とか他愛ない話をできるのがめちゃくちゃ嬉しかったなんだこれ。


サンクレッドはイルメグでの最初の過去視でまず泣く。
あそこしれっと1枚旧版のガキんちょぶさミン出てきててなかったことにはなってなかった!
ロリミンが可愛かったのは体は別人だったからなのね。なるほどね。

しかしロリミンに辛いのがバレてたりきつく当たってたりするのは大人としてどうなのよって思ってたけどなんかただ不器用なだけだったっていう話で。
こっちはミンフィリアどうなるんだよって思いながら話を追いかけていたんだけど、サンクレッドにとってミンフィリアとリーンどっちが残るべきかの答えはミンフィリアに頼まれた時点でもう出ていて、その後数年間かけてその結末を目指して導きながら少しずつその結末を飲み込んでいったんだなって(考えて泣く)。
そしてミンフィリアの魅力を引き立たせようと思ったら彼女が犠牲になるしかなかったってところがまた悲しい。
ミンフィリアとの邂逅シーンでこっちがぼろ泣きしてるのにヒカセンが真顔なのちょっと笑うわ。人によって受け取り方の差が大きいから表情つけられなかったんだろうけど。

ミンフィリアって光の巫女になってから未来予知できてたのかな…?
未来予知じゃなくてもわかりそうな範囲の事しか言ってないんだけどなんかセリフが思わせぶりで。

ランジートの強さを不思議に思ってた人がいたっぽいけどサンクレッドのカッコよさを引き立てるためだよねっていう。
でも最後はヒカセンが倒すんだよな。ヒカセンが暁と比べてかなり強いのがわかる。
バニッシュかかってたヒカセン達を睨んだりとか、見えないはずのピクシーをつかんだりとか、ランジートはエーテルがなんとなくわかるんだろうな。

サンクレッド関連は中村ニキの演技に泣かされた部分も大きい気がする。
QIB後のサンクレッドのポーズの話してたけど、つま先が開いてる全力出し切った感はそれはそれである意味かっこいい気もするけど、実際には不自然だろうがぱっと見不自然ではなくて余計な印象をプレイヤーに与えないポーズはそれで正解なんだろう。
てかヤシュトラの目はそのままだけどサンクレッドはもしかしてファッション眼帯だったの?戦闘なめてるの?


そんな話じゃ休憩できないっていうヒカセンのわがままに真面目に答えてノルブラント三大珍味の話とか始めるアルバートはマジいい奴。
ヒカセンのキャラは自由なんでわがままじゃなくて空気を良くしようとした気遣い的な解釈してもいいと思うが。
第一世界に飛んだヒカセンの座標がずれたの、アルバートの魂に引かれたのかもな。
アルバートがヒカセンに触れた頃から、アルバート光のエーテル半分ぐらい引き取ってくれないかなって思ってたけど、魂が同じって話が出た後ぐらいに休憩挟んだんでそこで考える時間があるとさすがに展開が読めたな。
Shadowbringersかかる前後の演出がほんとかっこよすぎる。

そして設定が回収されたりされなかったりする討伐戦のPTメンバー。
火山IDをフェイスで登ってきたからイノセンス戦めっちゃ違和感あったわw
そもそもPTメンバーは同じヒカセンだと私たちは知ってるのでどう理由付けられても無理がある。
討伐戦もフェイス対応したいよなー。しかしIDに比べるとギミックてんこ盛りなんでできるんかあれ?


ユールモアがなかなか興味深い。
吉田の話だと間もなく滅ぶ世界で資産を食いつぶしながら豪遊してるような印象を受けたんだけど実際はちょっと違った。
そりゃそうだよな、光の氾濫からもう100年近くも経ってるわけだから、そういう考えだったやつはだいたい既に死んでる。
何かで一山当てて後からユールモアに入ってきたのかそういう考えの人もいるみたいだけど。
もっとえげつないエピソードがあるのかと思ったら自由市民と労働市民がいい関係を築けていたりと意外と平和。
スラムの方で人材が買われたときに周りから拍手が起きたりとか。臨時配給のおかげだったわけだけど。
確かに光の反乱を起こすための停滞が目的なら不満がたまって爆発しそうな状況はまずいんだよな。なるほどよく考えられてる。
まあ紅蓮の反省から助けたいと思えるようないい人にしたみたいな話が出てたから、深読みしすぎてるだけかもしれんけど。
そんな中で唯一労働市民の能力に関してはかなりシビア。
復興の兆しが見えてからは贅沢生活をいかに持続するかが政策上最も重要だっただろうし、その柱となってる方針なんだろう。
有能な者だけを集めた裕福な社会主義って感じなんだよな、非常に面白い。いくつかの(非現実的な)仮定のもとではこの体制は成立しうるのだろうか。
ところで住むならユールモアがいいって言ってる人いたけど、自由市民になるためにはゲーム内では触れられてなかったけどほぼ間違いなく多額の全財産を政府に寄付しないといけないわけだけど、ギルはどれぐらい持っているのかね?

「アムアレーンって罪喰いとの戦いの前線みたいなところ?ふーん、絶対ユールモアの方が面白いやろ。」
って思ってたら終末医療現場&漆黒で最強に救いのないイベント発生でこっちもめっちゃ面白いやんってなった。
ヴィエラ男性問題でフォーラムが炎上した時に吉田が「子供が苦しむ表現だけでNGになる」って言ってて、その時はミンフィリアの事かなと思ってたんだけど、もしかして最初のプロットでは罪喰い化するのはなんのひねりもなくハルリクだったのでは。
もしそうだとしたらテスリーンになった事で話のえぐさ大幅アップしたし怪我の功名的なところあるかも。
もし本当にそういう経緯だったらアリゼーがリアルに薄幸少女って事になってうけるわ。なんとか秘話でも旅先で仲良くなった同年代の女の子亡くしてるしな。

ティターニアの声優さんの演技のメンヘラっぷりがすごいよな…。

レイクランドの罪喰いを倒した私「なんか光が丸々体の中に入ったようにしか見えなかったけど、それを空に放ったの?いや、光で光が晴れるのおかしいし違うか?」
ティターニアを倒した私「え、やっぱりごそっと体に入ってるようにしか見えないけど、ねえこれ本当に大丈夫??」
ヤ・シュトラ「その……罪喰いとしか思えない、光に侵されたモノは。」
私「やっぱりダメじゃないですかー!!!」

エメトセルク「それとも、影からコソコソ見られたいのか? わざわざ姿を現してやってるのが善意だと、なぜわからない。」
私「いや、さっそくサンクレッド君もガブガブしてるし話がスムーズに進まないのでこそこそ見られてたほうがいいです。」
囲まれてる最中に姿を消したエメトセルクを見た私「それどころじゃなくめんどくさくしていきやがったこのやろう」
このシーンでフレがくぽくぽ選んだの後ろから見てたんだけどヒカセンとエメトセルク両方から引っかき回されるサンクレッドさんマジ不憫だったわ。

「あのな……そういちいち私に構うな。とっとと話を進めたらどうだ。」
って言っておいて
「……そのあたりは、またいずれ話してやろう。お前が、私に声をかけるのを、ゆめゆめ忘れずにいたならな?」
とか言い始めるのさすがに卑怯じゃない?

ヤシュトラがあれで死ぬわけがないのでその後しばらくの展開に全く感情移入が出来ず白々しくなってしまったラケティカパート。
まあラケティカはエメトセルク劇場やらリーンの成長エピソードやら盛り込まないといけないもの多かったからな。

古代人はみんな地脈に介入できるのかと思ったら漆黒秘話を見た感じ古代人の中でも相当に特殊な能力だったかもしれなくて、ウリエンジェの一言でさらっと流されてたけど本当にレアスキルだったんだな、なんかエピソード自体の印象が変わるわ。

架空の宗教の葬式のシーン、ああいうのファンタジー感が強く出ていいな。
今回のはこじんまりしたやつだったけど、豪華な教会で魔法バリバリの超ファンタジーな宗教儀式とか見てみたいな。

ヤシュトラの新コスチューム何故か後ろ姿を見ると髪が短いことに違和感があるんだよな、もう慣れたけど。我ながら謎。

ファノヴの里についた私「メインクエ進めるのと、里見て回るのとどっちが先がいいかなー。」
ヤ・シュトラ「……ヴィース族の集落が珍しいからといって、ふらふら歩き回ってはダメよ? あとになさい。」
私「はぃっ!!」
ヤシュトラマジお母さん。

黒にジョブチェンジしたヤ・シュトラ「今は、こっちの方が性に合ってるとすら思うほどよ?」
私もすごくそう思います。

サブクエの人「マトーヤ様が「吹き矢」にかけては世界一の腕だと、称賛していましたが、本当だったのですね!」
ヤシュトラにバカにされてる気しかしない。

ラケティカはベンチマークトレーラーでヤシュトラと一緒に魔法撃ってた双子が出てくるかと思ったけど違ったな。

王道が受け入れられる時代なんじゃなくて、時代によらず人気が出るから「王道」と言われるのだとフレが言っておりました。
まあコルシア後半に限った話をするとああいう話は下手したらご都合主義的展開になりかねなくて、少しでも説得力のないところがあると一気にしらけるので、あの展開に繋げる流れと背景含めてよく書けてたから評価されたんだと思う。

話に入り込みすぎてヒカセンが実質大罪喰い状態になってから、メインクエの流れに任せるのが辛くてここからどうしたらいいか先に考え始める私。
まあとりあえず水晶公は助けないとダメだな、決まったよし行こう(ここからその展開になるまでかなり長い)

ウリエンジェに「もう隠し事はするな」っていったらまた大仰な言い回しで絶対しませんって言ったけど全く信用できないんだが。

どうせQAで迷う人続出したんじゃないかと思うけど、潮溜まりからアーモロートに行くまでの暁による方向音痴なヒカセン介護体制がスーパー手厚い。

アリゼー「遺構に明かりを灯したって言われて、こんな光景を想像できる?」
ほんとそれ。
最終エリアが海底だったときは、あれ?大したことないな、これ隠したいか?って思ってたけどアーモロートが見えたときの衝撃よ。
ネタバレなしでこれて良かったわ。

メインクリア後にテンペスト行ったらサハギンエーテの付近からアーモロートが見えてるのにびっくりして、あれ?これ最初どうなってたの??ってなったんだけど、光の氾濫天候にぼかしがかかってるのね。

アーモロートは巨人基準だからスケールが大きいのは当然なんだけど、クリスタリウムもちょっとスケール大きいよね。見栄えが良い。
代償として都市内の移動がすごいだるくなるんだけど。

アーモロートのサブクエ、てっきりアーモロートローブがもらえるかと思ったのでちょっとがっかりした。

災厄をIDで見せるのすごく良い演出だったし、大災害なのになんでこんな綺麗で切なさと希望を感じるような曲がかかってるんだろうと思ったら2ボス後のエリアに合わせてあったんだな。
ああいうマップはやっぱぐっと来るわ。

Shadowbringersの歌詞意外と混乱してる人が多いな。
歌手が変わると歌詞の主語が変わるのは蛮神曲とかで祖堅がいつもやってる手口で、コーラス箇所は古代人の歌。
メインはいうと、叙事的な歌詞が続くので誰でもないのかと思いきや、最後の I am のところと途中の One brings のところを考えるとヒカセンとアルバートが一つになったところを歌ってるっぽいので、二人のうちのどちらか、
更に You are the light のところが罪喰い化したヒカセンの事を指してるのでメインパートは漆黒の語り部でもあったアルバート。
…だと思うんだけど。

ソル初登場時が印象強すぎてその時かかってた曲が完全にソルのテーマとして認識されたのでソルが出てこないときにその曲がかかってるとすごい違和感。

帝国に暁が不在なのバレバレなのいいのかこれw
まああんだけあちこち昏睡の解決策聞きまわってたらそりゃそうなるか。

思ってたとおりヴァリスがアシエンに都合のいいところだけ教えられて都合のいいように利用されてた上に大して活躍することなくゼノスに殺され退場っていうなんとも不憫な扱いに。

星見の間では星が14個あったのであれ?と思って基調講演のスライド見返したらやっぱり13個しかなくてただのやらかし案件だった。

後で改めて見るとプリレンダにセリフやストーリー入れるのは無理があったよなーって感じに不整合だらけなんだけど、次もやるんだろうか?

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

【ff14】 オケコン2019感想

クリタワメドレーの映像が完全にグラハプロモムービーだった。
さすがにだいぶ前に見たきりだと細かい事全然覚えてないもんだな。

湖畔昼が他の曲とは違う雰囲気出しつつかなりオケ向きな気がして原曲別に好きじゃないけど良かったわ吉田グッジョブ。

尺八持ち替えのインパクトが凄い。普段尺八なんて聞く機会ないので珍しい事なのかたまにある事なのかすらわからんが。

祖堅のオタマトーン、いつもはわざと下手にやってるのがばれたわけだが良かったのか?w
上手くなるから練習するなって言われたって前言ってたよな。

とある曲でピアノが原曲とずれてたのわざとかと思ってたら単にミスだったらしく、栗田さんが指揮でタイミング伝えようとしてたという話をオケ勢フレから聞くなど。

空より現れし者で序盤ちらっと見えた時のマーカーだけ1Aだった気がしたんだけど、135の方が見栄えが良かったなんて言ってるって事は両方試したんだろうし気のせいではなかった可能性あるだろうか。
てかマーカーが映ってる時点で見栄えも何も…。

そして世界へは何回聞いてもあのどうしようもないストーリーだった†14ちゃんが新生でこんなにFFらしくなるなんてって感動した時のことを思い出して泣いてしまう。
そういえば次の拡張でシリーズ区切りになるならメインテーマを使ったエンディング曲作るんだろうか。

Shadowbringers!!まではまあいいとしてその1曲だけのやつがラスボス後半戦かよww
戦闘画面は出さなかったあたりにネタバレで踏み越えたくないライン的なものを感じた。

しかし死んだだの音の黒薔薇だの音のレイドだの最近の誇張表現にはちょっとついていけないわ。
過剰に盛って表現することそのものが目的になってる人も混じってやしないか?
Heavensward か Dragonsong の時に祖堅が映像をえぐいって言ったのには全面的に同意するが。

テーマ : FINAL FANTASY XIV    ジャンル : オンラインゲーム   

プロフィール

nonsense drifter

Author:nonsense drifter
IT屋の端くれ。FF14はver1.0オープンβから。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR